東京西

【東京|昭島市】一日ガッツリ遊べる!ランニング・温泉デート

こんな方にオススメ
・たまには運動しなきゃ
・軽くランニングしたいな
・汗流した後は温泉でしょ!

何末年始はゴロゴロと過ごしていたので、気持ちを切り替えるべく

ランニングに挑戦しました!

ハードな運動が苦手な私でも「玉川上水緑道」は平坦な道で走りやすかったです♪

また、川辺に沿ったランニングコースなので美しい景色も楽しめました(流されるままのカモが可愛かった、、、)

今回は、運動ガチ勢じゃなくても楽しめる一日満喫コースをご紹介いたします。

もちもの

  • 温泉の後の着替え
  • バスタオル(館内では有料貸出あり)
  • 女性はヘアゴム・メイク落とし忘れがち
  • 男女ともにボディタオル(垢すり)忘れがち
  • コインロッカー用の100円玉
てらさ
てらさ
ランニングウェアはあらかじめ中に着て行ったよ

メイク道具は、持って行ったものの使いませんでした。
出る頃には暗くなっているのでスッピンでも気になりません!

【12:40~(1時間程)】昭島駅到着。まずは湯楽の里へ荷物を預ける

昭和温泉 湯楽の里

湯楽の里では、入館料を払うと浴室のロッカーを使わせてくれます☺️
着替えやメイク道具を持って走るわけにはいかないので、先に預けに行きましょう!

昭島駅の北口を出てすぐに見えるのはモリタウン。

ここから徒歩で湯楽の里へ向かいます。

てらさ
てらさ
徒歩20分くらい。割と距離があるよ

入場券をフロントで見せると、中へ通してくれます。

温泉のコインロッカー(100円玉必須。開錠時に返却してくれるタイプです)に荷物を預けて、出発!

【13:30~(45分程)】いざランニング!玉川上水緑道を走る

湯楽の里から東(ゴルフ場がある方向)に向かって走ります。

気温は7度。天気は快晴。

寒さに弱い私でも、ランニングウェアで外に出ることができました
気候が一番の不安要素だったので一安心。

風が強い冬の日はしんどそう、、、

玉川上水緑道。途中で地面がモフモフします。

片道2.6kmほど。

景色に見とれているうちに、あっという間に走り抜けました。

てらさ
てらさ
透明で綺麗。ずっと見れられる、、、

天王橋を過ぎたところで走れる道が見当たらず、

ちょうど程よく疲れてきた頃だったのでここで引き返すことに。

復路は川の反対側の道を走りました。

、、いや、疲れてほぼ競歩でした。

道幅や地面の質感が異なるので、飽きないですね!

総走行距離:約5km
走行時間:13:30〜14:15(45分)

【14:30~(1時間半)】湯楽の里到着。温泉で体を癒す

筋肉痛の予兆を感じつつ帰ってきた湯楽の里。

館内は新しくて清潔でキレイ!

中庭をぐるっと廊下で囲むような内装になっていて楽しい。用もなく2周してしまいました。

以下、私的お湯ランキングです

1位:うたた寝の湯(熱々露天風呂でほてった体を程よく落ち着かせてくれる)

2位:絹の湯(乳白色。肌がつるすべになりそうな気がする。あと熱すぎなくてイイ!)

3位:アトラクション風呂(足元の高圧バブルをふくらはぎのウラ、足のウラに当てると気持ちいい!)

温泉時間:14:30〜16:00(1時間半)

一息ついたところでお腹が空いてきたので、早めの夕食をとります。

【16:00~16:30】館内の「ごちそう屋」はメニュー豊富♪お味もgood

うどん、丼もの、カレーなど、皆大好きメニューが揃えられています。

ミニ丼やスイーツもあり、女性にも嬉しい。

席は座敷とテーブルが用意されています。

外の景色を眺めながら食べられる座敷にしました。

カキフライカレー(750円)、いただきます!

【16:30~17:00】ボードゲーム、マンガの貸出もやってます

こちらは2階のコミックコーナー。

リクライニングチェア、ソファがありましたが
結構埋まっていてカップルや友達と隣で座れない、、、

次回一人で来た時は、ここでマンガを読みたいです。
(ジョジョ、進撃の巨人、ドラゴンボール、ヒロアカなどメジャーどころはありました)

フロントではボードゲームを借りることもできます。

今回初めて「ガイスター」というゲームに挑戦。
相手の赤いオバケちゃんを取りすぎると負け。
自分の陣地両端のゴールに行かれても負け。

お互いルールをよく知らないまま、私が勝ちました(笑)

買うとお高いボードゲーム、体験できて嬉しかったです!

まとめ:一日遊べてキレイな温泉👌でもシャトルバスは無いので注意

昭和温泉 湯楽の里

昭島湯楽の里と玉川上水緑道。

動いて、浸かって、お腹いっぱい食べて、、、
幸せな一日を過ごすことができました♨️

たまには運動しなきゃ!なカップルにおすすめのコースです。

ですが、昭島駅から湯楽の里までの距離が少しネック。

てらさ
てらさ
帰り道は、ちょっと味気ない暗い道が続く。付き合いたてカップルにはキツいかも

無言の時間も苦じゃないほど打ち解けてきた頃に行くといいかも。