東京西

【GW】「奥多摩むかし道」で新緑ハイキング!

奥多摩むかし道って?

「奥多摩むかし道」は、旧青梅街道と呼ばれていた道で、氷川から小河内に達するまでの道です。

この街道は、小菅から大菩薩峠を越えて甲府に至る甲州裏街道で、甲州街道より 8km ほど近道であったそうです。

奥多摩むかし道
今の奥多摩町は、かつての氷川町(ひかわまち)・古里村(こりむら)・小河内村(おごうちむら)が合併してできたんだね(Wikipediaより)

奥多摩にとどまらず、山梨県甲州市塩山まで続く道のりだったとは。驚きです。

コース概要

奥多摩駅 ~ 奥多摩湖
距離:9.4km
歩行時間:3 時間 30 分
所要時間:4 時間 00 分

奥多摩むかし道より

服装・もちもの

  • 飲み物
  • 軽く食べられるおやつ
  • 歩きやすい靴(スニーカー)
  • 帽子・日焼け止め
  • 汗を拭くタオル

8:30 奥多摩駅

自然を満喫するなら朝派です!
早朝の電車に乗り、新宿駅で乗り換え、2時間ほどかけて8:30に奥多摩駅に到着しました。

駅すぐ近くにむかし道案内板があります。それに従いスタート!
ちなみに道中も、道を示してくれる石板や看板があります。

【4時間】奥多摩湖めざしてハイキング

振り返れば4時間も、、!笑
寄り道したり、途中座って休憩したりしてたのでそれほどキツくはなかったです。

ルートを覚えてないので、奥多摩観光協会さんが紹介している地図をお借りします。

奥多摩むかしみち [4時間コース]|奥多摩観光協会

新緑・花・鳥のさえずり

見て楽しい花や森林はもちろん、そよ風や鳥のさえずりなど、全身で自然を感じることができます。道中にはむかし道ならではの人工物がひっそり残っていて、発見するのも面白いです。

白髭神社

道中、森林の中に神秘的な神社がありました。

白髭神社

都指定の白髭の大岩の側面に社殿がある。祭神は塩土翁神 ( しおつちのおきなのかみ )で、神武天皇に麗しき国大和をお勧めしてご案内した神。

奥多摩観光協会

神武天皇って、、。天皇の1番最初の人!?
をガイドした神が祀られている!?

物凄い歴史ある場所なんですね😲なんで「白髭」なのか気になります。

惣岳渓流「しだくら吊橋」

エメラルドグリーンの川が美しいです。結構な高さ&オープンな橋なので、ドキドキしながら渡りました。

山と民家

山道を歩いているうちに高い位置までやってきました。集落も現れ、なんだか昔話の世界に入ったような気分です。

奥多摩湖が見えてきた

11:45。歩き始めて3時間ほどで大きな湖が見えてきました!!

他の山々も見えるんですね。

「月夜見山」って名前めちゃカッコいい!

12:00 カフェ「インディゴブルー」※閉店

わさびアイスが美味しかった「Cafe Indigo Blue」。既に閉店しているようです、、。

【閉店】奥多摩の天空カフェ『Cafe Indigo Blue』はインスタ映え必至の絶景が望めるスポット|多摩っぷ

12:45 水と緑のふれあい館

営業時間
9:30~17:00
(ただし、当分の間節電対策により平日の開館時間を10:30、閉館時間を16:00とさせていただきます。)

定休日
水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始(12月28日~1月4日)

水と緑のふれあい館|多摩博

パノラマレストラン「カタクリの花」

お食事メニュー|カタクリの花

カレー、オムライス、そば、うどん、デザートなど豊富なメニューが揃っています✨

ご当地もの大好きな私は、奥多摩湖のニジマスが食べられる「清流定食(1,100円)」をいただきました。

水根(みずね)駅 バス乗車

さすがに帰りまで歩く体力は残っていないので、バスで奥多摩駅まで帰りました🚌

ランチの前に、発車時間をチェックしておくと◎

14:00 奥多摩駅

行きは通り過ぎた奥多摩駅内をじっくり見てみると、登山グッズやご当地お土産、カフェなどが充実していました!

お土産に「御嶽汁」を買って帰路につきました。

まとめ:天気が良ければぜひ!

登山よりも気楽な「奥多摩むかし道」。

道中は歴史ある神社吊り橋山奥の民家など様々に景色が変わり楽しいです。

ゴール地点には奥多摩湖の絶景レストランのお食事が楽しめます。

天気の良い日におすすめです!ぜひ訪れてみてください♪

ではでは👋